株式会社ワールドシステムコンサルタント

業務案内

コンサルティング

ERP
ERP = Enterprise Resource Planning

ERPとは、企業の経営資源を統合的に管理することで、経営環境の変化に対応し、経営の改革や効率化を図るための手法・概念のことです。
一般的には統合業務パッケージと呼ばれており、企業の基幹業務である販売管理、購買管理、在庫管理、生産管理、管理会計、財務会計、人事管理を統合的に管理するパッケージシステムです。
また、この基幹業務システムの役割は、ユーザー部門の作業効率性を追求する情報システムという位置付けから、企業経営者のための意思決定支援システムへと変わりつつあります。

《ERPの特徴》
  • ●短期間/低コストでのシステム構築
  • ●プロトタイピングによるスパイラル型のシステム構築
  • ●多くの企業の最適な業務手順(ベスト・プラクティス)の活用
  • ●情報システム保守での業務の複雑化と変化に対する迅速な対応
  • ●基幹業務全体を「大福帳型のデータベース」で統合的に管理
  • ●会計情報への即時反映によるリアルタイム経営情報の提供
  • ●多言語サポートによるグローバル性
  • などが挙げられます。
《ERPパッケージ》
SAP R/3®(ドイツSAP社)、 Oracle EBS®(米国Oracle社)、 Microsoft Dynamics®(米国Microsoft社)など、 多くのソフトウェアが提供されています。
私たちワールドシステムコンサルタントは、ビジネスプロセスの変革、グローバルな企業への対応、 企業環境の変化への迅速な対応を実現するERPパッケージの導入支援に取り組んでいます。

※このページに記載されている社名・商品名は各社の商標または登録商標です。